山本内科医院

院長紹介 診療内容と診療時間 在宅と人間ドックなど リンク集とアクセス HOME

院長紹介

山本弘史 昭和57年 山形大学医学部卒
昭和61年 山形大学医学部大学院卒
免疫学の分野で博士号取得
主な診療分野
糖尿病、脳梗塞の予防及び、慢性期治療。消化器内視鏡。
(胃、大腸)。高血圧、狭心症の予防及び、慢性期治療。
内科の臨床は、大学病院での血液、リウマチ、膠原病の
患者様の治療からスタートしました。
生死をわける厳しい状況の連続から多くの事を学びました。
その後、一般病院で、「おことわりしない」姿勢で、幅広い
疾患の治療にあたりました。その結果、多くの患者様から
経験という大きな宝物を頂きました。
主に、糖尿病、脳梗塞の治療にあたりました。現在もその
姿勢を守り、微力ながら地域医療に貢献したく思います。
ひとこと
内科は、あらゆる疾患の窓口でもあると思います。
あらゆる訴えに対して、「おことわりしない」姿勢で接します。
そして、必要な場合、大学病院、県立病院をはじめとして、
紹介体制を整えており、患者様への最善の対応を心がけて
います。重大な疾患でない場合は、近隣のそれぞれの専門
の診療機関とも連携がとれております。

待合室にはピアノがあり、クリスマスには院長が演奏します。
音響の良い待合室です。
COPYRIGHT(C) 2007 YAMAMOTO NAIKA IIN ALL RIGHTS RESERVED